2018.10.10

絶対女王アーモンドアイ。牝馬三冠
達成へ、2つの不安要素が明るみに

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Yoshifumi Nakahara/AFLO

 3歳牝馬三冠の最終戦となるGI秋華賞(京都・芝2000m)が10月14日に行なわれる。

 注目は、春の二冠(桜花賞、オークス)を完勝してきたアーモンドアイ。勝てば、メジロラモーヌ()、スティルインラブ、アパパネ、ジェンティルドンナに続く、牝馬三冠馬の誕生となる。
※秋華賞創設前のメジロラモーヌは、桜花賞、オークス、エリザベス女王杯による三冠。

秋華賞で牝馬三冠を狙うアーモンドアイ しかし秋華賞は、桜花賞(阪神・芝1600m)、オークス(東京・芝2400m)のちょうど中間距離でありながら、牝馬三冠の中で最も難しいレースとされている。というのも、広々としたコースで行なわれる桜花賞やオークスとは異なり、秋華賞は小回りコースで行なわれるからだ。つまり、紛れもあって、スケール感のある馬ほど「取りこぼしやすい」と言われている。

 はたして、アーモンドアイはそうした舞台設定を克服できるのか。実際のところ、三冠達成の可能性はどれぐらいあるのか。デイリー馬三郎の木村拓人記者は、「(三冠達成は)限りなく"ある"に近いと思います」と言う。

「まず、アーモンドアイ自身のポテンシャルは、相当高いと思います。加えて、距離もオークスより短くなるのは、同馬にとって好材料です。そして、三冠達成を可能にする一番の要因は、強力なライバルたちが相次いで脱落していったこと。そこは、大きいですね」