2018.10.12

秋華賞をスリリングに。アーモンドアイの
三冠達成を阻む刺客が2頭いる

  • 平出貴昭●文 text by Hiraide Takaaki
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 10月14日、京都競馬場では牝馬三冠の最終戦・GI秋華賞(芝2000m)が行なわれる。今年のこのレースの注目は、何といってもアーモンドアイ(牝3歳/美浦・国枝栄厩舎)の「牝馬三冠」なるかという点だ。

桜花賞とオークスを制したアーモンドアイ 同馬は2戦目の未勝利戦(東京・芝1600m)からGIIIシンザン記念(京都・芝1600m)、GI桜花賞(阪神・芝1600m)、GIオークス(東京・芝2400m)と、重賞3連勝を含む4連勝中だ。桜花賞は1番人気のラッキーライラックを並ぶ間もなく差し切り、1分33秒1のレースレコード。オークスは中団から早めに動いて押し切り、リリーノーブルに2馬身差をつけるという、いずれもかなり強い競馬で二冠を達成し、「歴史的名牝」との呼び声も高い。

 この秋華賞でも断然人気を集めることは必須。オークス以来約5カ月ぶりの出走とはいえ、これまでの成績を見ても休み明けを苦にしないし、距離にも不安はない。しかし、「競馬に絶対はない」という格言が古くからあるように、いくら人気と実力が上でも、競馬には思いも寄らない結末が待ち受けていることが多々ある。今回は、アーモンドアイを逆転する可能性を秘めた馬、という視点で見ていこう。

 アーモンドアイを破る馬がいるとすれば、夏競馬に使われて力をつけてきた馬が最有力だ。3歳の夏に急激に力をつける馬が、3歳秋のGIレース、秋華賞や菊花賞で穴をあけることは過去に何例もあった。

 今年のその筆頭はミッキーチャーム(牝3歳/栗東・中内田充正厩舎)だ。

 今年2月にデビューした同馬は3戦して勝ち上がれず、アーモンドアイが二冠制覇を達成した頃はまだ未勝利だった。だが、7月1日の未勝利戦(函館・芝1800m)では馬体重プラス22kgと大きな成長を見せ、8馬身差の圧勝。続く500万下(函館・芝1800m)も3馬身半差で制し、前走の藻岩山特別(札幌・芝1800m)では、札幌2歳S2着など重賞実績もあるファストアプローチに3馬身半差をつける完勝で逃げ切り、3連勝を飾っている。

 過去、札幌芝1800mで逃げ馬が逃げ切って1分46秒台のタイムを出したのは重賞の4レースのみ。1000m通過58秒6のハイペースを自ら作り出し、この時計を出せるのは相当な能力がある証だ。同条件の重賞・クイーンSでこの時計を上回るタイムを出したのは今年のディアドラなど3頭のみである。