2018.08.04

穴党記者が耳打ち。1番人気が強い
レパードSでも高配当狙える3頭

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Sports Nippon/Getty Images

 猛暑が続く夏競馬。新潟開催2週目のメインレースは3歳馬によるダート重賞、GIIIレパードS(8月5日/新潟・ダート1800m)だ。

 今年で10回目を迎えるこのレースは、1番人気の馬は安定した強さを見せている。過去9年の成績は5勝、2着1回、3着3回と、複勝圏(3着以内)を一度も外したことがない。

 一見すると、穴党の出番はなさそうだが、然(さ)にあらず。昨年は11番人気のローズプリンスダムが勝利して、2着にも12番人気のサルサディオーネが入って馬連は9万5320円という超万馬券となった。3連単も1番人気のエピカリスが3着に入りながら、80万超えの高配当となった。

 さらに、2014年も1番人気のアジアエクスプレスが勝ったものの、2着に7番人気のクライスマイル、3着に9番人気のランウェイワルツが突っ込んできて、3連単は10万円超え。1番人気が確実に馬券に絡みながら、オイシイ配当が見込めるレースなのである。

 そして今年、1番人気に目されているのは、前走の地方交流重賞ジャパンダートダービー(7月11日/大井・ダート2000m)で3着となったグレートタイム(牡3歳)。前々走のGIIIユニコーンS(6月17日/東京・ダート1600m)でも2着に入っている実力馬だ。

 しかも、同馬の母は2010年にこのレースを制したミラクルレジェンド。管理するのは、今年絶好調の藤原英昭厩舎で、鞍上もリーディングトップのクリストフ・ルメール騎手が北海道シリーズから駆けつけるとあって、不安要素は見当たらない。

「ただ、(グレートタイムは)やや詰めが甘い印象もあるんですよね」