2018.07.15

ワグネリアンに続け! 世代の
「エース」プランドラーは走りも気性も◎

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara

厳選!2歳馬情報局(2018年版)
第8回:プランドラー

 真夏の中京開催。例年、気温30度を超える暑さのなかで行なわれ、レースを走る馬にとっては、かなり過酷な条件といえる。しかしながら、2歳戦線においては、どうやらこの中京開催でデビューすることがトレンドになりつつある。

 というのも、昨年この7月開催の中京でデビューし、勝利を収めたワグネリアンがその後、GI日本ダービー(東京・芝2400m)を制したからだ。

 おかげで、今年はこの中京開催でのデビューを目指す評判馬が一段と増加。先週行なわれた2歳新馬(中京・芝2000m)でも、GIを2勝したヴィルシーナの初子ブラヴァスをはじめ、セリ市で2億5000万円の高値をつけたダノンチェイサーなど、話題の若駒たちがこぞって初陣を迎えた(勝ったのは、4番人気のカテドラル)。

 さらに今後も、中京開催でのデビューを予定している良血馬が続々といる。その1頭が、栗東トレセン(滋賀県)の池江泰寿厩舎に所属するプランドラー(牡2歳/父ディープインパクト)だ。

まもなくデビューを迎える「大物」プランドラー 母のプラウドスペルは、アメリカで現役生活を送り、ケンタッキーオークス(アメリカ・ダート1800m)などGIを2勝している名牝だ。繁殖牝馬となって日本に輸入されると、その産駒たちも徐々に活躍の兆しを見せている。