2018.07.14

荒れる函館記念。巴賞組2頭と
洋芝巧者1頭が「ボチボチ勝つ」と立候補

  • text by Sportiva
  • photo by Sports Nippon/Getty Images

“穴党”にとって、待ちに待った重賞がやってきた――。7月15日に行なわれるGIII函館記念(函館・芝2000m)のことである。

 それほど、このレースは”荒れる”重賞として定着している。

 1番人気は2006年以来、勝っていない。そのうえ、過去10年の結果を見てみると、ふた桁人気の大穴が馬券圏内に絡んだ年が5回もあるのだ。

 ゆえに、3連単の配当が10万円を超えたことが過去10年で7回もある。特に昨年は、5番人気のルミナスウォリアーが勝利し、2着に14番人気のタマモベストプレイ、3着に7番人気のヤマカツライデンが入って、3連単は91万5320円という高配当をつけた。

“夏のボーナス”を狙うなら、まさにこのレースが最適。そこで、過去10年の結果を参考にして、今年のレースで波乱を起こしてくれそうな穴馬を探し出してみたい。

 まず注目すべきは、オープン特別の巴賞(函館・芝1800m)から挑んでくる馬たちだ。

 例年、2週間前に行なわれる同レースは、函館記念の重要なステップレースとなっている。過去10年において、函館記念本番で3着以内に入った30頭のうち、巴賞組は11頭を数える。

 そのうち5頭は、巴賞で掲示板を外しながら、本番で巻き返しを図っている。2009年に10番人気で2着となったマヤノライジン(巴賞6着)、2016年に13番人気で2着に入ったケイティープライド(巴賞6着)らは、その典型。つまり、前哨戦で振るわなかったとはいえ、無視するのは禁物だ。

 では、今年の巴賞組で穴を開けそうなのは、どの馬なのか。