2018.06.02

安田記念のウハウハ予想。「穴2頭+
大穴2頭」で、もう税金が心配だ

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Yasuo Ito/AFLO

 東京競馬場を舞台とした5週連続のGIシリーズも、残すところ安田記念(6月3日/東京・芝1600m)のみとなった。

 これまで東京で行なわれた4つのGIのうち、NHKマイルC(5月6日/東京・芝1600m)が単勝12.8倍のケイアイノーテック、ヴィクトリアマイル(5月13日/東京・芝1600m)が同19.4倍のジュールポレール、日本ダービー(5月27日/東京・芝2400m)が同12.5倍のワグネリアンと、3つのレースで単勝10倍以上の馬が勝利。しかも、そのうち2戦が今回と同じマイル戦とあって、安田記念も波乱ムードが膨らんでいる。

 出走メンバーは、かなり豪華な顔ぶれがそろった。日刊スポーツの太田尚樹記者が語る。

「今年の安田記念は、中距離、マイル、スプリントと各距離の”王者”が名を連ね、トップクラスの牝馬に、香港馬まで加わって『異種格闘技戦』といった趣(おもむき)を感じます。適性と能力差の見極めがカギになるでしょう」

 確かに今回は、GI大阪杯(4月1日/阪神・芝2000m)の覇者スワーヴリチャード(牡4歳)に、昨年のマイルCS(京都・芝1600m)の勝ち馬ペルシアンナイト(牡4歳)、そして昨年、一昨年のスプリンターズS(中山・芝1200m)を制したレッドファルクス(牡7歳)と、各距離のチャンピンオンが集結。さらに、アエロリット(牝4歳)、サトノアレス(牡4歳)、リアルスティール(牡6歳)、レーヌミノル(牝4歳)と、GI馬(※海外も含む)は7頭にも上る。

 そのうえ、各路線で結果を出してきた勢いのある上がり馬も加わって、ハイレベルかつ熾烈な争いになることは必至。実績馬同士の組み合わせであっても、人気の盲点をつけば、高配当をゲットする可能性は大いにありそうだ。