2018.04.29

オークスで凱歌を。カンタービレが、
打倒アーモンドアイに燃えている

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • photo by Yasuo Ito/AFLO

2018年クラシック候補たち
第13回:カンタービレ

 今年の牝馬クラシック戦線は、一冠目のGI桜花賞(4月8日/阪神・芝1600m)を完勝したアーモンドアイが断然の存在となっている。しかし、二冠目となるGIオークス(5月20日/東京・芝2400m)に向けて、アーモンドアイとは未対戦の馬たちが虎視眈々と戴冠を狙っている。

 栗東トレセン(滋賀県)の角居勝彦厩舎に所属するカンタービレ(牝3歳/父ディープインパクト)も、そんな「打倒アーモンドアイ」を目指す新興勢力の1頭である。

 昨年12月にデビューした同馬は、初戦、2戦目とも僅差で2着に敗れた。しかし初勝利を挙げた3戦目の3歳未勝利(1月27日/京都・芝1800m)では、圧倒的な強さを見せた。

 先行策から直線で早めに先頭に立つと、最後は2着に3馬身差をつけて快勝。上のクラスでも通用しそうな、素晴らしい内容だった。

 実際、カンタービレは次戦で重賞のGIIIフラワーC(3月17日/中山・芝1800m)に挑戦。粒ぞろいのメンバーを敵に回して、難なく勝利を飾った。

フラワーCを制したカンタービレ 重賞の流れに戸惑うことなく、スタート後はスッと好位置につけて、道中は5~6番手を追走。直線を迎えて先頭に立つと、最後は外から差してきたトーセンブレスとの叩き合いを制して勝利した。