2018.04.19

フローラSから「オークスでアッと
言わせる馬」はいるか、いないか

  • 平出貴昭●文 text by Hiraide Takaaki   photo by Nikkansports

 今週末22日、東京競馬場では3歳牝馬によるGIIフローラS(芝2000m)が行なわれる。同レースは3歳牝馬の最高峰・GIオークス(5月20日/東京・芝2400m)のトライアル競走で、2着までに同レースの優先出走権が与えられる。

 昨年の勝ち馬モズカッチャンはその後のオークスで2着に入り、秋にはGIエリザベス女王杯を勝利。一昨年の勝ち馬チェッキーノもオークスで2着に健闘しており、オークスを占ううえでも必見のレースと言える。今年は登録21頭中14頭が1勝馬という混戦ムードだが、それらの1勝馬の中には将来性豊かな良血馬も多く、今回はそういった馬を取り上げてみたい。


新馬戦、2戦目と能力の片鱗を見せた良血馬、サラキア
 まずはディープインパクト産駒のサラキア(牝3歳/池添学厩舎)。3カ月前の1月21日の未勝利戦(中京・芝1600m)でデビュー勝ち。スタートで大きく出遅れながら、スッと挽回して好位につけ、直線では鋭い末脚を見せての差し切りで、高い将来性とスケールを感じさせる走りだった。

 そして、2戦目はGIIチューリップ賞(3月3日/阪神・芝1600m)に出走。昨年の最優秀2歳牝馬ラッキーライラックをはじめ、リリーノーブル、マウレアと、昨年のGI阪神ジュベナイルフィリーズ(12月10日/阪神・芝1600m)の上位3頭がそろい、現3歳牝馬のトップクラスが集結したレースだった。そこで、サラキアはまたしても出遅れてしまい、4コーナーまで後方追走という厳しい展開となったが、直線では馬群の間をひるまずに伸び、上がり3F(ハロン)33秒4の瞬発力で4着まで追い上げている。勝ったラッキーライラックから0秒7差と離されはしたが、強敵相手に素質の片鱗を見せた内容だった。この経験が今回に生きてくるだろう。