2018.04.21

マイラーズCで「GI6連戦の
資金をくれる親切な2頭」が見つかった

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 春のGIシリーズは、今週は中休み。来週のGI天皇賞・春(4月29日/京都・芝3200m)からは6週連続での開催となる。

 その6連戦の最後に行なわれるのが、GI安田記念(6月3日/東京・芝1600m)。今週はそこに向けて、重要なステップレースとなるGIIマイラーズC(4月22日/京都・芝1600m)が行なわれる。

 過去20年の1番人気の成績は、5勝、2着4回、3着2回、着外9回。決して悪くない成績だが、2009年のスーパーホーネットを最後に、1番人気は勝利から遠ざかっている。

 そうした状況のなか、2011年は7番人気のシルポート、2013年には5番人気のグランプリボス、そして2015年には8番人気のレッドアリオンと、伏兵馬が金星を挙げている。そのうち、2011年は2着にも14番人気のクレバートウショウが突っ込んできて、3連単は120万超えの高額配当となった。

 イメージよりも波乱の傾向にあるレースと言え、できることなら、ここでGI6連戦の資金をしっかり確保しておきたいところだ。

 さて、このマイラーズC、2012年より舞台が阪神から京都に移った。これによって、レースの質に若干の変化が見られるという。日刊スポーツの太田尚樹記者が語る。

「京都に舞台を移してからは、開幕週に開催されるようになって、一段と時計が速くなったイメージがあります。ここ5年間はすべて1分32秒台以下(2014年は1分31秒台)の決着。良馬場であれば、高速馬場に対応できないと、勝ち負けは難しいでしょう」

 こうしたレースに対応できる馬として、太田記者はロジクライ(牡5歳)の名前を挙げた。