2018.04.15

距離ならアーモンド以上。オークスは
「サトノワルキューレの騎行」だ

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • photo by Sports Nippon/Getty Images

「デビュー前後はまだ"成長待ち"だったようで、初戦の勝利も『うれしい誤算だった』とスタッフは言っています。ただ、3戦目を迎える頃から急成長。今も『さらに調教の内容がよくなっている』と、その成長ぶりには陣営もかなり驚いていました」

 オークスの権利獲りを狙うフローラSでは、デビューから手綱を取ってきたミルコ・デムーロ騎手が引き続き鞍上を務める。クラシック戦線においても、多くの有力馬に騎乗しているトップジョッキー。陣営としては、「本番のオークスでもこの馬を選んでくれるような走りをしてほしい」と願っている。

 二冠目のオークスの舞台で、女王アーモンドアイに挑戦状を叩きつけることができるのか。フローラSにおけるサトノワルキューレの走りを、しっかりとチェックしたい。

◆皐月賞の人気馬が差し届かない!そのとき前に残るのは「あの馬」だ>>

◆皐月賞は「上がらぬ人気に怒った3頭」が秘めたる力を爆発させる!>>

◆アンカツ氏はあの馬を切った。皐月賞、ダービーを占う「3歳牡馬番付」>>