その強さ、ナリタブライアン級。
王者ダノンプレミアムは何がすごいのか

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • 村田利之●撮影 photo by Murata Toshiyuki

「『この馬にとって、ベストの距離は1600mではないか』と、スタッフは考えているようです。ただ、レースセンスや能力の高さは明らかで、世代限定のクラシックなら十分勝負になると見ていますね。『少なくともGI皐月賞(4月15日/中山・芝2000m)まではクリアしてほしいし、クリアできる自信がある』というのが陣営の本音でしょう」

 弥生賞には、同じくデビューから3戦3勝のワグネリアン(牡3歳/父ディープインパクト)も出てくる。こちらも圧勝続きで、最大のライバルと目されている。

 そうした強力ライバルを相手に、どんなレースを見せるのか。クラシックを前にして、その熱き対決から目を離すことができない。

◆人気馬が強いクイーンCでも、穴党記者「渾身の5頭」には根拠あり!>>

◆2強に待った! エライことになってきた3歳牡馬「最新ランキング」>>

■競馬 記事一覧>>

3 / 3

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る