2018.01.20

波乱続きの東海S。穴党記者が推すのは
「えッ!?」と驚く超穴馬ばかり

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 今年最初のダート重賞となるGII東海S(中京・ダート1800m)が1月21日に行なわれる。

 昨年12月、同じ舞台で行なわれたGIチャンピオンズC(2017年12月3日)で惜しくも2着に終わったテイエムジンソク(牡6歳)が人気を集めそうだ。

「メンバーを見渡す限りでは、テイエムジンソクが断然の存在です。前走のチャンピオンズCが正攻法で挑んでの2着。その内容が濃く、鞍上の古川吉洋騎手も『堂々と勝ちにいって負けたから仕方がない』と結果はともかく、その走りには満足していました」

 日刊スポーツの太田尚樹記者もそう言って、テイエムジンソクには一目置いている。ただ一方で、このコースを「魔のコース」と呼んで、波乱の要素は十分にあると踏んでいる。

「中京のダート1800mという舞台は、同じ条件で行なわれるチャンピオンズC同様、人気馬が思わぬ大敗を喫することが多いため、個人的には『魔のコース』という印象があります。実際に東海Sでも、中京競馬場改装後の最近5年間は、8番人気以下の伏兵が5頭も馬券(3着以内)に絡んでいます。

 その要因のひとつが、坂の途中からスタートするので、発馬が難しいということ。コースの得手、不得手がはっきり出る条件だと思いますよ」

 特異なコース設定ゆえ、超穴馬の台頭も想定する太田記者。そして、ここではサルサディオーネ(牝4歳)を推奨する。