2017.07.22

中京記念を荒れさせるのは「リピーター」。
この穴馬3頭を信じて買う

  • text by Sportiva
  • 三浦晃一●撮影 photo by Miura Koichi

 夏のマイル重賞として行なわれるGIII中京記念(7月23日/中京・芝1600m)。現在の施行時期・条件となったのは2012年からだが、そこから同レースは荒れに荒れている。

 その過去5年間で、まず1番人気が馬券対象となる3着以内に絡んだことは1度もない。さらに、2012年から2015年まで4年連続で10番人気以下の大穴が3着以内に飛び込んできて、3連単の配当はいずれも20万超え。2014年にいたっては、42万8240円という高配当となった。

 そういう意味では、とても難解なレースではあるが、馬券的な妙味は大いにあるレースと言える。ならば、当然今年も穴狙いでいくべきだろう。

 そのヒントとなり得るのは、過去5年のレースにおいて10番人気以下で馬券圏内に突っ込んできた馬たちだ。

2012年=3着トライアンフマーチ(10番人気)
2013年=2着ミッキードリーム(13番人気)
2014年=2着ミッキードリーム(11番人気)
2015年=2着アルマディヴァン(13番人気)

 ここに挙げた面々の戦績を振り返ってみると、ひとつ明確なことは、中京記念は「コース適性」の重要度が非常に高いレース、ということだ。

 アルマディヴァンは、それまでに中京競馬場で4戦して1勝、2着1回、3着1回、4着1回と、安定した実績を残していた。