2017.06.03

安田記念は「東京マイル番長と
不人気6歳」の穴馬4頭でもらった!

  • text by Sportiva
  • 三浦晃一●撮影 photo by Miura Koichi

「絶対王者」モーリスが引退し、混迷を極めるマイル戦線。そんななか、春シーズンのマイル王を決めるGI安田記念(6月4日/東京・芝1600m)が行なわれる。

 国内外のGI通算6勝、そのうち4つのタイトルをマイル戦で獲得したモーリス。同馬が引退したことで、この路線の確たる主役はいなくなった。今週末は、その空いた席を誰が奪うのか、という一戦となる。

 とはいえ、レースの行方を占うのは難しい。2014年のGI皐月賞(中山・芝2000m)を制し、前哨戦のGIIマイラーズC(4月23日/京都・芝1600m)を勝ったイスラボニータ(牡6歳)が絶好調のルメールが乗ることもあり最有力候補に挙げられるが、その前走は同馬にとっておよそ2年半ぶりの勝利だった。それだけ勝ち味に遅く、今回も取りこぼしてしまう可能性がある。

 これに続くのは、GI大阪杯(4月2日/阪神・芝2000m)2着のステファノス(牡6歳)に、同5着のアンビシャス(牡5歳)、現在5連勝中のグレーターロンドン(牡5歳)や、昨年のクラシックで健闘したエアスピネル(牡4歳)といったところだろうか。しかし、どの馬もGI未勝利で、ここ一番での強さに疑問が残る。

 GI馬であるレッドファルクス(牡6歳)も、タイトルを手にしたのは昨年のGIスプリンターズS(2016年10月2日/中山・芝1200m)。マイルの舞台でも同じパフォーマンスが発揮できるかは未知数だ。さらに、昨年の覇者ロゴタイプ(牡7歳)は、安定感に欠けてアテにしづらいタイプ。絶対的な信頼は置けない。