2017.06.02

安田記念は難病を克服した
驚異の生命力、グレーターロンドンに注目

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu  photo by Nikkansports

 2年前の3歳時にデビュー以来、7戦して6勝2着1回とまったく底を見せていないグレーターロンドン(牡5歳・大竹正博厩舎、父ディープインパクト)が、今週末4日に行なわれるGI安田記念(東京・芝1600m)に出走する。半姉にオークス馬ダイワエルシエーロ(父サンデーサイレンス)のいる血統背景から、デビュー以前より期待が高く、2015年2月の新馬戦(東京・芝1600m)を快勝したときも、「遅れてきたダービー馬候補」との呼び声もあった、いわば未完の大器。目下5連勝中で、3月の東風S(3月12日/中山・芝1600m)を勝って以来の出走となる。


グレーターロンドンは大事に使われて7戦6勝。一気にGI制覇となるか
「前走後に予定していたGIIIダービー卿チャレンジトロフィー(4月1日/中山・芝1600m)はソエの影響が出たので、パスして安田記念直行に切り替えました」

 大竹調教師が5月31日の追い切り後の囲み取材で、臨戦過程をそう説明したが、詳しく聞くと、前走後のグレーターロンドンについては、ソエだけでない不安要素もあった。

「ダービー卿をパスしてから、どうも蹄鉄のフィットがよくありませんでした。頻繁に蹄鉄を変えるので、固定するための釘を打つ部分がだんだん少なくなり、その部分の爪を伸ばすために接着装蹄にしたりと試行錯誤した結果、去年の秋に使った蹄鉄にしたら、すっと悪いところが治まったんです。いずれは普通の蹄鉄でというプランを描いていましたが、状況としては逆行することで納まったといったところです」