ドラゴンズの4番・福田永将は
有馬記念でシュヴァルグランを狙い打ち

  • 土屋真光●文・写真 text & photo by Tsuchiya Masamitsu


 それがある年のオフ、お正月でたまたま地元(神奈川県・横浜市)に帰っていたときに、友人に誘われて、「じゃあ、ちょっと行ってみようか」と川崎競馬場に行ったんです。これが初めての競馬観戦でした。ちょうどお正月休みだったんで、お客さんがすごく多くてにぎわっていましたし、何しろ馬が大きくて、格好よくて、びっくりして、「ああ、確かにこれは、はまる気持ちがわかったかも」と思い、そこから引き込まれましたね。今は横浜高校野球部の同期や野球仲間とLINEのグループを作って、毎週末「何買う?」って、やり取りさせてもらってます。

 球団の練習場が尾頭橋(おとうばし)の駅に近くて、ここってウインズ名古屋もすぐ目の前なんですよ。それで練習の合間に、職員さんとかに頼んだりしていました。去年からは僕の使っているゆうちょ銀行もネット投票に対応したので、それからは携帯を使って馬券を買うことが多いですね。

 でも、全然当たりません(笑)。普段の予想では、まず新聞上で誰も印をつけていない馬は買い目からはずします。プロのみなさんが「いらない」と一致している馬はやっぱり狙いにくいです。それから、たぶん素人さんだと思うんですけど、ブログで毎週穴馬を何頭かピックアップしている人がいて、それを参考にしています。記者さんでは、万哲(スポーツニッポン、小田哲也記者)さんの予想も見ますね。あと若原(隆宏)さん(東京中日スポーツ記者)のもよく見ます。あの人もたまにすごい大穴をズバっと当てますよね。

 馬券は三連単、三連複、馬単のマルチ流しが多いです。三連単はずっと当てたかったんですが、今年やっと、250倍ぐらいの馬券が当たりました。200円買っていたので、5万円ちょっとの払い戻しになりましたけど、うれしかったですね。山本昌さんみたいな豪快な払い戻しにも憧れますが、あの人たちは張る金額もすごいですからね(笑)。

2 / 5

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る