2016.04.27

嵐を呼ぶ3歳牡馬番付。「3強」崩れて、どうなる日本ダービー?

  • text by Sportiva
  • 村田利之●撮影 photo by Murata Toshiyuki

2016年3歳クラシック
Sportivaオリジナル番付(牡馬編:第5弾)

 牡馬クラシック三冠の第1弾となるGI皐月賞(中山・芝2000m)が4月17日に行なわれた。

 3戦無敗の高額馬サトノダイヤモンドに、同じく無傷の3連勝で前哨戦のGII弥生賞(3月6日/中山・芝2000m)を制したマカヒキ、そして2歳王者のリオンディーズと、戦前はこの「3強」の争いと目されていた。だが、強烈な決め手を繰り出して頂点に立ったのは、単勝8番人気のディーマジェスティ。”春の嵐”が吹き荒れた当日の天候同様、波乱の決着となった。

直線鋭く抜け出して皐月賞を快勝したディーマジェスティ 前半1000mが58秒4というハイペースの中、先行したリオンディーズに最後まで押し切る余力は残っていなかった。おまけに、同馬は直線で斜行。その影響を受けたサトノダイヤモンドは3着にとどまり、リオンディーズ自身も4着に入線しながら、エアスピネルの進路を妨害したとして5着に降着した。「3強」の中では、後方待機から直線大外を強襲してきたマカヒキが2着と最先着を果たした。

 桜花賞に続いて、人気馬が沈んだ皐月賞。この結果を踏まえて、3歳の頂上決戦となるGI日本ダービー(5月29日/東京・芝2400m)に向けての『Sportivaオリジナル番付()』を発表したい。
※『Sportivaオリジナル番付』とは、デイリー馬三郎の吉田順一記者、日刊スポーツの木南友輔記者、独特なデータを駆使するパソコン競馬ライターの市丸博司氏、フリーライターの土屋真光氏、Sportiva編集部競馬班の5者それぞれが、今春のクラシックを目指す3歳牡馬の、現時点における実力を分析しランキング付け。さらに、そのランキングの1位を5点、2位を4点、3位を3点、4位を2点、5位を1点として、総合ポイントを集計したもの。