2016.04.25

上がり馬ロッテンマイヤー。オークスでこそ騒ぐ「名家の血」

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • 村田利之●撮影 photo by Murata Toshiyuki

2016年クラシック候補たち
第11回:ロッテンマイヤー

 1995年のGI阪神3歳牝馬S(阪神・芝1600m。※馬齢変更前。現在の阪神ジュベナイルフィリーズ)の覇者であるビワハイジ。現役時から優れた成績を残してきた彼女だが、本当の意味で秘めた能力を発揮したのは引退後だった。

 繁殖牝馬として、これまでに数多くの重賞馬を送り出してきているのだ。GI通算6勝のブエナビスタをはじめ、2011年の阪神JFをデビューわずか2戦で制したジョワドヴィーヴル、さらに2005年菊花賞2着のアドマイヤジャパン(重賞1勝)、2007年日本ダービー3着のアドマイヤオーラ(重賞3勝)などがそうだ。

 その一族から、今年も3歳クラシックを狙う牝馬が登場した。ロッテンマイヤー(牝3歳/父クロフネ)である。

忘れな草賞を勝ってオークスに向かうロッテンマイヤー 母は、ビワハイジが2007年に生んだアーデルハイト。ビワハイジの孫であり、ブエナビスタやジョワドヴィーヴルの姪となる良血馬だ。その血筋どおり、彼女は今年のGIオークス(5月22日/東京・芝2400m)に堂々と参戦する。

 ロッテンマイヤーは、2歳時に骨折してしまったため、年明けの3歳新馬(1月10日/京都・芝1800m)でデビュー。同レースを先行して押し切る磐石の競馬で快勝すると、2戦目には早くも重賞のGIIIクイーンC(2月13日/東京・芝1600m)に挑戦した。