2016.04.12

ルメール激白「ダービーを意識してサトノダイヤモンドを選んだ」

  • 新山藍朗●構成 text by Niiyama Airo
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

――サトノダイヤモンドの一番いいところはどんなところですか。

「馬体もきれいだし、スピードも、パワーもある。精神的にも落ち着いていて、大人っぽいと思う。それらはすべてがいいところだと思いますけど、どれかひとつと言われれば、加速するときの脚でしょうか。あの脚は、本当に素晴らしいです」

――新馬のときから、それだけすごい馬だと思っていましたか。

「デビュー戦前の調教に乗ったときは、そこまでいい印象はありませんでした。まだちょっと子どもっぽいかな、という感じでしたね。でも、実際にレースで走らせると、すごく走る。びっくりしましたよ。新馬の場合、ちょっとしたことで勝ったり、負けたりするので信用できないところもあるんですが、サトノダイヤモンドは2戦目も強い競馬で快勝。3戦目のきさらぎ賞も強かった。それで自分の中で、(サトノダイヤモンドに対する)自信がどんどん膨らんでいきましたね」

――ルメール騎手は、昨年のダービーではサトノクラウンに乗って3着でした。同馬と比べて、サトノダイヤモンドとどちらのほうが強いと思いますか。

「サトノクラウンより、サトノダイヤモンドのほうが強いと思います。昨年のダービーではドゥラメンテが勝利しましたが、サトノダイヤモンドの強さはドゥラメンテに近いものがあると思っています」