2015.12.12

【競馬】来年から馬券発売へ。香港国際競走で一攫千金の予行演習

  • 土屋真光●文 text&photo by Tsuchiya Masamitsu

 国際競馬シーンの1年の締めくくりとなる『ロンジン香港国際競走』(毎年、12月中旬に開催される香港ジョッキークラブ主催の国際競馬イベント)が、12月13日に香港・シャティン競馬場で開催される。

 この日に行なわれる国際招待レースは、香港カップ(芝2000m)をメインに、香港スプリント(芝1200m)、香港マイル(芝1600m)、香港ヴァーズ(芝2400m)の4つ。以前から日本調教馬も多数参戦する注目の舞台で、近年では地元・香港馬が圧倒的な強さを見せてきた香港スプリントで、ロードカナロアが連覇(2012年、2013年)を遂げて話題になった。

 ちなみに昨年は、香港ヴァーズ以外の3つのレースで香港馬が勝利(香港ヴァーズは、フランスのフリントシャーが勝利)。一方、日本馬の主な成績は、今年GI2勝(ヴィクトリアマイル、スプリンターズS)を挙げたストレイトガール(牝6歳)が香港スプリントで、グランプリボス(牡7歳)が香港マイルで、それぞれ3着と健闘した。

 そして今年は、香港ヴァーズを除く3競走に、過去最多となる10頭の日本調教馬が出走予定だ(昨年も10頭の日本調教馬が登録したが、マイネルラクリマが現地入りしたあとに故障して回避)。しかも、10頭中5頭がGI馬という、これまでにないほどの”強力布陣”で挑む。

 4つの国際競走のうち、当日最初に行なわれるのは、香港ヴァーズ。日本馬が出走しないため、日本での関心度は低いかもしれないが、前年の覇者で、凱旋門賞2年連続2着のフリントシャー(牡5歳)が出走する。当初出走予定だったジャパンカップ(11月29日/東京・芝2400m)をあえてスキップして、このレースに的を絞ってきた世界屈指の実力馬の走りには注目したい。