2015.12.11

【競馬】来春のクラシックに挑む、2歳牝馬ランキング発表!

  • text by Sportiva
  • photo by Nikkan sports

2016年3歳クラシック
Sportivaオリジナル番付(牝馬編:第1弾)

 2歳牝馬の女王を決する、阪神ジュベナイルフィリーズ(阪神・芝1600m)が12月13日に開催される。ということは、来春の3歳クラシックに向けた戦いが本格的にスタートする、ということでもある。

 そこで、この春好評を得た、クラシックを目指す牝馬、牡馬の『Sportivaオリジナル番付()』を、今年は2歳の段階から早くもスタート。各識者が、あくまでも来春のクラシックを念頭に置いて、現段階で純粋にその強さを評価した馬のランキングを紹介していきたい(◆注:阪神JFに出走する馬の評価ランキングではありません)。
※『Sportivaオリジナル番付』とは、デイリー馬三郎の吉田順一記者、日刊スポーツの木南友輔記者、独特なデータを駆使するパソコン競馬ライターの市丸博司氏、フリーライターの土屋真光氏、Sportiva編集部競馬班の5者それぞれが、来年のクラシックを目指す2歳牝馬の、現時点における実力を分析しランキング付け。さらに、そのランキングの1位を5点、2位を4点、3位を3点、4位を2点、5位を1点として、総合ポイントを集計したもの。

 まず今回は、来春の桜花賞、オークスを目標とする2歳牝馬編。

注目のアルテミスSは、デンコウアンジュ(手前)が勝利し、メジャーエンブレム(奥)が僅差の2着だった。 ここまで行なわれた主な重賞を振り返ってみると、ブランボヌール(牝2歳/父ディープインパクト)が、函館2歳S(7月26日/函館・芝1200m)を完勝。その後、ブランボヌールが1番人気で臨んだファンタジーS(11月7日/京都・芝1400m)では、キャンディバローズ(牝2歳/父ディープインパクト)が接戦をモノにして、ブランボヌールは僅差の3着に終わった。

 一方、クラシックの登竜門として、近年俄然注目を集めている関東の重賞、アルテミスS(10月31日/東京・芝1600m)は、断然人気のメジャーエンブレム(牝2歳/父ダイワメジャー)が2着。代わって勝利を飾ったのは、豪快な末脚を披露したデンコウアンジュ(牝2歳/父メイショウサムソン)だった。

 今回の番付は、これらの結果がある程度反映された印象だ。