2015.08.31

【競馬】次は牝馬クラシックで二冠か。堀厩舎期待のルフォール

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara

厳選!2歳馬情報局(2015年版)
第14回:ルフォール

 毎年、3歳クラシックの栄冠を手にする馬がいる一方で、勝ち馬に及ばなかったり、レースに出ることさえできなかったりして、涙を飲む馬が数え切れないほどいる。しかし、そういった馬たちでも、やがて父、母となって、その子どもたちが、親の果たせなかった夢をかなえることがある。

 今年デビューする2歳馬の中にも、「母の雪辱」とばかりにクラシックを目指す馬がいる。ルフォール(牝2歳/父キングカメハメハ)である。

牧場での評判がすこぶるいいルフォール。 ルフォールの母は、2004年〜2007年まで現役として活躍したレクレドール(牝/父サンデーサイレンス)。同馬は、現役時代に重賞2勝(ローズS、クイーンS)を挙げて、競走馬としてそれなりの成功を収めたが、3歳クラシックには縁がなかった。

 というのも、レクレドールがデビューしたのは、年が明けて3歳になってからの、2004年3月20日。始動が大きく遅れてしまったため、同年4月のGI桜花賞(阪神・芝1600m)や、5月のGIオークス(東京・芝2400m)といった牝馬クラシックには間に合わなかったのだ。

 それでも、デビュー後は徐々に力を発揮して、秋にはGIIローズS(阪神・芝2000m)を制覇。3歳牝馬による最後のGI秋華賞(京都・芝2000m)には、駒を進めることができた。が、本番では3番人気の評価を受けながら、6着に沈んだ。結局、同馬は引退するまで、GIの舞台で輝くことはなかった。