2015.06.05

【競馬】安田記念、能力全開!モーリスの勢いには逆らえない

  • 土屋真光●取材・文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Nikkan sports

 東京競馬場を舞台に繰り広げられた春のGIシリーズも、今週末6月7日に行なわれる、春のマイル王決定戦・GI安田記念(東京・芝1600m)で一段落を迎える。今年は2003年以来12年ぶりに海外からの参戦がないものの、GI馬5頭を含む18頭が出走を予定している。

3連勝中で有力馬の1頭に挙げられるモーリス。追い切りでも好調ぶりをアピール

 今年は昨年のジャスタウェイや一昨年のロードカナロアのように突出した実績馬が不在。そんな中、存在感が大きいのは6頭が出走するディープインパクト産駒だ。

 前述の5頭のGI馬のうち、オーストラリアでGIジョージライダーS(3月21日/ローズヒルガーデンズ・芝1500m)を制して凱旋となるリアルインパクト(牡7)や、昨年のマイルチャンピオンシップ(京都・芝1600m)を制したダノンシャーク(牡7)、昨年のNHKマイルカップ(東京・芝1600m)の勝ち馬ミッキーアイル(牡4)の3頭がディープインパクト産駒で、他にも昨年のマイルチャンピオンシップで2着だったフィエロ(牡6)、母がスプリントGI2勝のフラワーパークという良血で、2月に同じ舞台のGIII東京新聞杯(2月8日/東京・芝1600m)を勝利しているヴァンセンヌ(牡6)といった、注目を集めそうなメンバーが顔をそろえた。