2015.05.20

【競馬】3歳馬の頂点は? ダービーを読み解く「牡馬ランキング」

  • text by Sportiva
  • photo by Nikkan sports

2015年3歳クラシック
Sportivaオリジナル番付(牡馬編:第5弾)

 3歳世代の頂点を決する牡馬クラシックの第2弾、GI日本ダービー(5月31日/東京・芝2400m)がいよいよ迫ってきた。

 クラシック第1弾の皐月賞(4月19日/中山・芝2000m)は、ドゥラメンテ(牡3歳/父キングカメハメハ)が完勝。ダービーでも同馬が最有力候補に挙げられるが、逆転を狙う”新星”たちが皐月賞以降のトライアル戦などで続々と名乗りを挙げている。

ダービーでも有力視されている皐月賞1着のドゥラメンテ(左)と同2着のリアルスティール(右)。 本番と同じ舞台で行なわれた青葉賞(5月2日/東京・芝2400m)では、良血レーヴミストラル(牡3歳/父キングカメハメハ)が1番人気に応えて快勝。3連勝という勢いに乗って、大舞台でも一発を狙う。

 翌週の5月9日には、東京でトライアル戦のプリンシパルS(芝2000m)が、京都ではダービー最終切符をかけたGII京都新聞杯(芝2200m)が行なわれ、プリンシパルSは1番人気のアンビシャス(牡3歳/父ディープインパクト)が勝利。京都新聞杯は、ポルトドートウィユ(牡3歳/ディープインパクト)をはじめ、アルバートドック(牡3歳/父ディープインパクト)、トーセンバジル(牡3歳/父ハービンジャー)ら、骨のあるメンバーの追撃を振り切ったサトノラーゼン(牡3歳/父ディープインパクト)が勝って、ダービー切符を手にした。ただ、プリンシパルSを制したアンビシャスは、残念ながらダービー出走を回避した。

 また、ダービーに向けて新興勢力が台頭する一方で、皐月賞からの巻き返しが期待されたブライトエンブレム(牡3歳/父ネオユニヴァース)や、ベルーフ(牡3歳/父ハービンジャー)ら実力馬がダービー出走回避を表明。少なからず勢力図に動きが見られる中、これらの経過と結果を踏まえて、日本ダービーの行方を占う『Sportivaオリジナル番付()』を発表したい。
※『Sportivaオリジナル番付』とは、日刊スポーツの木南友輔記者、デイリー馬三郎の吉田順一記者、独特なデータを駆使するパソコン競馬ライターの市丸博司氏、フリーライターの土屋真光氏、Sportiva編集部競馬班の5者がそれぞれに、現時点における3歳牝馬・牡馬の実力を分析しランキング付け。さらに、そのランキングの1位を5点、2位を4点、3位を3点、4位を2点、5位を1点として、総合ポイントを集計したもの。

◆第1弾=2月19日配信「2015年クラシックを占う『3歳馬ランキング』」参照
◆第2弾=3月13日配信「弥生賞後に診断『2015年3歳牡馬ランキング』」参照
◆第3弾=4月2日配信「皐月賞に挑む有力馬『2015年3歳牡馬ランキング』」参照
◆第4弾=4月30日配信「ダービーまで1カ月。『3歳牡馬ランキング』」参照