2015.05.21

【競馬】桜花賞1、2着馬は2400mのオークスでも好走できる

  • 平出貴昭(サラブレッド血統センター)●文 text by Hiraide Takaaki
  • photo by Nikkan sports

 今週は3歳牝馬の最高峰レース・GIオークス(東京・芝2400m)。牡馬クラシックのGI皐月賞(中山・芝2000m)→GI日本ダービー(東京・芝2400m)の400mに比べ、桜花賞(阪神・芝1600m)から一気の800mの距離延長となることで、距離適性がより大きく取り沙汰されるレースである。

桜花賞2着のクリミナル。血統的な見地から、オークスも 好走が期待できる

 とは言いつつも、必ずしも長距離血統の馬ばかりで決まらないのがこのレースの特徴。マイル血統の桜花賞馬が好走することも多いし、別路線組の長距離血統馬が穴人気になって期待に応えられなかったケースも多い。基本は、桜花賞好走馬を重視するスタンスが無難だろう。このレースでは以下の2点をポイントとして挙げておきたい。

「桜花賞で強い競馬をした馬は短距離血統でも注目」
「長距離タイプでも、一線級とのレース経験が無い馬は割引」

 桜花賞(4月12日)は5番人気のレッツゴードンキが逃げ切って4馬身差の圧勝に終わった。展開に恵まれたとしてフロック視する見方も多いようだが、それだけに今回も軽視され、再度恵まれる可能性も十分ある。1997年の牡馬クラシック2冠馬サニーブライアンを思い起こさせる状況だ。

 改めて血統を分析してみよう。母はダート短距離で5勝した馬だが、母の父マーベラスサンデーはGI宝塚記念勝ち馬で、種牡馬としてもネヴァブション(GII日経賞など重賞3勝)、シルクフェイマス(GIIアメリカJCCなど重賞3勝)など中長距離タイプを多く出している。