2015.05.22

【競馬】混戦オークスは、美人予想家オススメの「穴馬」を狙え

  • 浜野きよぞう●構成 text&photo by Hamano Kiyozo

牝馬一冠目の桜花賞はレッツゴードンキが圧勝した。photo by Murata Toshiyuki3歳牝馬の「女王」を決める、牝馬クラシック第2弾のオークス(東京・芝2400m)が5月24日に開催される。第1弾の桜花賞(4月12日/阪神・芝1600m)では、5番人気のレッツゴードンキ(牝3歳)がまんまと逃げ切り勝ちを収めたが、今度は距離が800mも延びて、さらに最後の直線が長い東京コースが舞台となる。ほとんどの馬にとって”未知の世界”となり、レースの流れ、展開など、まったく想像できない。しかも、勝ってもおかしくない有力馬が五指に余るほどいる。正直、素人が予想するには非常に難解なレースだ。とすれば、今やスポルティーバの恒例となった「オンナの戦いは女に聞け!」の格言に従うべきだろう。今回も、芸能界を代表する”競馬通”の美人予想家たちが、この日のためにとっておきの”情報”を温めておいてくれた。彼女たちの渾身の予想と秘蔵の”穴馬”を一挙紹介しよう――。

※3人の美人予想家が推奨する馬の印は、◎=本命、○=対抗、▲=単穴、△=連穴