2015.04.23

【競馬】一強から混戦へ。オークスを占う「3歳牝馬ランキング」

  • text by Sportiva
  • photo by Nikkan sports

4月特集 春競馬、クライマックス(15)

2015年3歳クラシック
Sportivaオリジナル番付(牝馬編:第4弾)

 牝馬クラシック第1弾の桜花賞(阪神・芝1600m)が4月12日に行なわれた。戦前は3戦3勝の無敗馬3頭の激突が注目されたが、確たる逃げ馬不在の中、押し出されるように先頭に立った5番人気レッツゴードンキ(牝3歳/父キングカメハメハ)がそのままトップでゴール。後続に4馬身差をつける圧勝劇を演じて、桜の女王に輝いた。

 一方、期待の無敗馬たちは、断然人気のルージュバック(牝3歳/父マンハッタンカフェ)が、ちぐはぐな競馬で9着と惨敗。クイーンズリング(牝3歳/父マンハッタンカフェ)は差し脚を伸ばすも4着にとどまり、キャットコイン(牝3歳/父ステイゴールド)も後方から追い上げるも7着に沈んだ。さらに、前哨戦のチューリップ賞(3月7日/阪神・芝1600m)を制して2番人気に推されたココロノアイ(牝3歳/父ステイゴールド)も、見せ場なく10着に敗れて、人気馬は総崩れに終わった。

牝馬クラシックの一冠目を手にしたレッツゴードンキ(左)。 また、桜花賞の当日に行なわれた「残念・桜花賞」と称されるオープン特別の忘れな草賞(阪神・芝2000m)では、抽選漏れによって桜花賞出走が叶わなかったミッキークイーン(牝3歳/父ディープインパクト)が快勝。2着にも評判馬ロカ(牝3歳/父ハービンジャー)が入って、こちらは順当な結果となった。

 これからまた、牝馬クラシック第2弾のオークス(5月24日/東京・芝2400m)に向けて新たな戦いが始まるが、まずは上記までの結果と経過を踏まえて、"二冠目"の行方を占う『Sportivaオリジナル番付()』を発表したい。
※『Sportivaオリジナル番付』とは、日刊スポーツの木南友輔記者、デイリー馬三郎の吉田順一記者、独特なデータを駆使するパソコン競馬ライターの市丸博司氏、フリーライターの土屋真光氏、Sportiva編集部競馬班の5者がそれぞれに、現時点における3歳牝馬・牡馬の実力を分析しランキング付け。さらに、そのランキングの1位を5点、2位を4点、3位を3点、4位を2点、5位を1点として、総合ポイントを集計したもの。