2015.03.24

【競馬】ドバイワールドカップ、今年も日本馬に勝算あり!

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Kyodo News

 砂漠の競馬場を舞台にしたカーニバルで、今年も国際競馬の幕が開く。5つのサラブレッドの国際GI競走を含む9つの国際競走を開催するドバイワールドカップ(以下、ドバイWC)カーニバルが、現地時間3月28日(土)、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイにあるメイダン競馬場で行なわれる。メイン競走であるドバイWC(ダート2000m)は、今回20回目の節目を迎える。かつては僻地の競馬に過ぎなかったこのカーニバルは、この20年の間に、世界の競馬カレンダーになくてはならない存在となった。

 それを証明するかのように、日本からも毎年のように精鋭が送り込まれ、多くのドラマを演じてきた。2011年の開催では、ヴィクトワールピサがドバイWCを優勝し、東日本大震災直後の日本に大きな勇気を与えた。昨年はジャスタウェイがドバイデューティフリー(芝1800m、今年から「ドバイターフ」に改称)を圧勝。その内容が評価されて、昨年のロンジンワールドベストレースホースランキングの第1位に選出。ジェンティルドンナも絶体絶命の位置からの逆転で、ドバイシーマクラシック(芝2400m)を制している。これらに続けと、今年も日本から計7頭が、3つのレースに参戦する。

昨年のジャパンカップを圧勝したエピファネイア。その時と 同じ、スミヨン騎手でドバイワールドカップ制覇に挑む

 メインとなるドバイWCには、昨年のジャパンカップの勝ち馬で、前出のワールドベストレースホースランキングで2位となったエピファネイア(牡5)と、昨年のJRA賞最優秀ダート馬ホッコータルマエ(牡6)が挑む。日本における目下の芝・ダートの現役トップホースが揃っての出走となる。