2015.03.13

【競馬】弥生賞後に診断「2015年3歳牡馬ランキング」

  • text by Sportiva

2015年3歳クラシック
Sportivaオリジナル番付(牡馬編:第2弾)

 3月8日、皐月賞(4月19日/中山・芝2000m)トライアルの第1弾となる弥生賞(中山・芝2000m)が行なわれた。

 例年、直近の皐月賞だけでなく、その後の日本ダービー(東京・芝2400m)を含めた、春の牡馬クラシックに直結する一戦として、注目を集めている同レース。昨年は、勝ったトゥザワールドが皐月賞で2着となり、2着のワンアンドオンリーがダービーを制し、その注目度はますます増している。

 そして今年も、無敗の重賞ウイナー2頭を含む、7頭もの重賞勝ち馬が出走。本番の行方を占う、重要な位置づけのレースになると目されていた。

重賞馬がそろった弥生賞を快勝したサトノクラウン。 そんな中、レースを制したのは、2戦2勝で臨んだ2番人気のサトノクラウン(牡3歳/父マルジュ)。3戦無敗でクラシックに駒を進めることとなった。以下、札幌2歳S(9月6日/札幌・芝1800m)の勝ち馬ブライトエンブレム(牡3歳/父ネオユニヴァース)が2着、デイリー杯2歳S(11月15日/京都・芝1600m)を制したダガノエスプレッソ(牡3歳/父ブラックタイド)が3着に入った。

 一方、1番人気に推されたもう一頭の2戦2勝馬シャイニングレイ(牡3歳/父ディープインパクト)は、馬場入り時に放馬しかけるなど、レース前からイレ込みがきつかったのが影響したのか、7着と惨敗。本番へ向けて、やや不安を残した。

 今回は、この弥生賞の結果を受けて、3歳牡馬の『Sportivaオリジナル番付()』を発表する。
※『Sportivaオリジナル番付』とは、日刊スポーツの木南友輔記者、デイリー馬三郎の吉田順一記者、独特なデータを駆使するパソコン競馬ライターの市丸博司氏、フリーライターの土屋真光氏、Sportiva編集部競馬班の5者がそれぞれに、現時点における3歳牝馬・牡馬の実力を分析しランキング付け。さらに、そのランキングの1位を5点、2位を4点、3位を3点、4位を2点、5位を1点として、総合ポイントを集計したもの。