2015.03.12

【競馬】チューリップ賞後の「2015年3歳牝馬ランキング」

  • text by Sportiva

2015年3歳クラシック
Sportivaオリジナル番付(牝馬編:第2弾)

 2015年クラシックのトライアル戦がスタート。3月7日には、桜花賞(4月12日/阪神・芝1600m)トライアルのチューリップ賞(阪神・芝1600m)が開催された。

牝馬クラッシクの有力候補に躍り出たココロノアイ。 本番の桜花賞と同じ舞台で行なわれ、牝馬クラシック戦線を占うキーレースとして注目を集める同レース。結果は、年末のGI阪神ジュベナイルフィリーズ(以下、阪神JF。12月14日/阪神・芝1600m)3着のココロノアイ(牝3歳/父ステイゴールド)が勝利を飾った。以下、2着には伏兵のアンドリエッテ(牝3歳/父ディープインパクト)、3着には阪神JF2着のレッツゴードンキ(牝3歳/父キングカメハメハ)が入った。

 今回は、その結果を受けての、3歳牝馬クラシックを占う『Sportivaオリジナル番付()』を発表したい。
※『Sportivaオリジナル番付』とは、日刊スポーツの木南友輔記者、デイリー馬三郎の吉田順一記者、独特なデータを駆使するパソコン競馬ライターの市丸博司氏、フリーライターの土屋真光氏、Sportiva編集部競馬班の5者がそれぞれに、現時点における3歳牝馬・牡馬の実力を分析しランキング付け。さらに、そのランキングの1位を5点、2位を4点、3位を3点、4位を2点、5位を1点として、総合ポイントを集計したもの。

  1位は、ルージュバック(牝3歳/父マンハッタンカフェ)。ポイントはひとつ落としたものの、前回のランキング(2月19日配信「2015年クラシックを占う『3歳馬ランキング』」)と変わらず、首位の座を守った。有力牡馬を相手に重賞のきさらぎ賞(2月8日/京都・芝1800m)を制した実力は、「揺るがない」とする声が多かった。