2014.12.26

【競馬】近年のトレンドから導いた有馬記念の「超穴馬」

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara

有馬記念「フィナーレを彩る」実力馬(4)
伏兵馬編

 競馬界にとって1年の総決算となる、GI有馬記念(12月28日/中山・芝2500m)。今年は「ドリームレース」と呼ぶにふさわしい、豪華なメンバーがそろった。

 前走のGIジャパンカップ(11月30日/東京・芝2400m)を制したエピファネイア(牡4歳)を筆頭に、同レースで2着となった世界ランキング1位のジャスタウェイ(牡5歳)、GI6勝の実績を持つジェンティルドンナ(牝5歳)、有馬記念2勝目を狙うゴールドシップ(牡5歳)など、いずれもGIタイトルを複数持つ”猛者”たちばかりである。

 その他にも、今年の日本ダービー(6月1日/東京・芝2400m)を制したワンアンドオンリー(牡3歳)や、GI天皇賞・春(京都・芝3200m)を連覇しているフェノーメノ(牡5歳)、マイルGI馬のトーセンラー(牡6歳)と、実績馬を挙げればキリがない。出走馬16頭のうち、なんと10頭がGI馬というハイレベルな陣容になった。

 そんなレースだからこそ、実力馬の攻防を堪能したい気持ちはあるが、年末最後の「ドリームレース」である。やはり「穴馬券」に夢をかけたい人もいるはずだ。

 有馬記念の歴史を振り返っても、伏兵馬が”まさか”の波乱を起こした年がある。2007年には、9番人気のマツリダゴッホがウオッカやメイショウサムソンなどの人気馬をなで斬り。1991年には、14番人気のダイユウサクが断然人気のメジロマックイーンを破って金星を挙げた。まさに何が起こるかわからないのが競馬である。豪華メンバーがそろう一戦であっても、あえて実績の劣る馬たちから波乱の立役者を探してみてもよいのではないだろうか。

 そこで今年、まず注目したいのが、ラストインパクト(牡4歳)だ。

 ラストインパクトは、京都大賞典(10月14日/京都・芝2400m)、金鯱賞(12月6日/中京・芝2000m)と、重賞を連勝している好調馬。GIのタイトルこそ持っていないものの、今の成長ぶりなら、一気にGIの”壁”を破ってもおかしくない。

 さらに、強調すべきは、同馬の”臨戦過程”。近年、金鯱賞から有馬記念に臨んでいる馬が好成績を残しているのだ。