2014.12.25

【競馬】初心者でも楽しめる。有馬記念は特別なレースだ

  • スポルティーバ編集部●文 text by Sportiva
  • 村上庄吾●写真 photo by Murakami Shogo

 中央競馬の最後を締めくくる有馬記念(GI、中山芝2500m)が3日後に迫った。出走表を見るとGI馬が10頭。先のジャパンカップ(11月30日、GI、東京芝2400m)で覚醒したエピファネイア、同レース2着でレイティング世界一のジャスタウェイ、凱旋門賞(10月5日、ロンシャン芝約2400m)以来となる芦毛の怪物ゴールドシップ、牝馬3冠とジャパンカップ連覇を果たしたジェンティルドンナ……とスターホースが揃い踏みして、好レースが期待できそうだ。

 有馬記念は競馬ファンならずとも、今年最後の”運だめし”と楽しみにしている人も多いだろう。何と言っても、世界で一番馬券が売れるレース(昨年の売り上げは350億円!)。好きな馬に思いを託して応援する馬券もありだし、宝くじ感覚で自分の誕生日やラッキーナンバーを組み合わせるのもあり。楽しみ方は人それぞれである。

 そして、有馬記念ウィークはイベントも充実。今年は渋谷駅構内とその周辺が”有馬記念”にジャックされている。

「オルフェーヴル」に初騎乗した朝倉恵理子さん。「馬に乗ると視界が変わります」

 東急百貨店東横店西館2F連絡通路には、往年の名馬を等身大で模したメリーゴーランドが登場した。モデルになったのは1993年、1年ぶりの出走で奇跡の復活を果たし、有馬記念を勝ったトウカイテイオー号と昨年8馬身差で圧勝、凱旋門賞でも2年連続2着になったオルフェーヴル号。サラブレットの存在感の大きさに親子連れ、20代カップル、初老の女性……幅広い層が足を止めていた。ここでは実際に跨(またが)ることもできるし、係員に頼んで、無料で記念写真を撮ってもらうこともできるのだ。