2014.11.10

【競馬】初陣迫る。ディープ産駒の逸材ラヴィダフェリース

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara

厳選!2歳馬情報局
第18回:ラヴィダフェリース

 6月7日からスタートした今年の2歳戦線。来年のクラシックに向けて、これまでに多数の期待馬がデビューしてきたが、これからデビューを控える若駒の中にも、まだまだ注目の逸材は潜んでいる。その一頭が、栗東トレーニングセンター(滋賀県)の池江泰寿厩舎に所属する、ラヴィダフェリース(牡2歳/父ディープインパクト)だ。

調教で素晴らしい動きを見せているラヴィダフェリース。 ラヴィダフェリースがにわかに脚光を浴びたのは、10月30日に栗東トレセンで行なわれた調教でのこと。同馬にとっては初めての、本格的な追い切りだった。にもかかわらず、ウッドチップコース(粉砕された木片を敷きつめた馬場)で、調教距離としてはやや長めな1200mをきっちりと走り切った。しかも、最後の200mを12秒5という好タイムでまとめたのである。さらに、デビュー前の期待馬ロードユアソング(牡2歳/父ディープインパクト)や、年上のマハロチケット(牡3歳/父キングカメハメハ)と一緒に走って、それぞれに先着して見せたのだ。

 ラヴィダフェリースがトレセンへと入厩する前、同馬の育成を行なっていたのは、ノーザンファーム空港牧場(北海道苫小牧市)。同牧場の並木芳和氏は、この若駒の印象をこう語る。

「しなやかで伸びのあるフォームが特徴的で、その動きには将来性を感じました。いかにも軽い芝が向いていそうなタイプで、育成の段階からバネの良さがありましたね。乗ってみると背中の感触も柔らかくて、いい馬体の持ち主だと思いました」