2014.10.31

【競馬】天皇賞、3歳馬イスラボニータは歴戦の古馬に勝てるか?

  • 土屋真光●取材・文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Nikkan sports

 イスラボニータが3歳馬として史上3頭目となるGI天皇賞・秋(11月1日/東京・芝2000メートル)に挑む。最後に3歳馬がこのレースを勝利したのは2002年にシンボリクリスエスによるもの。干支でいえば、ちょうどひと回り、同じくウマ年の出来事だった。

古馬の壁を破れるか? 3歳で天皇賞・秋に挑むイスラボニータ(右)

 1987年に天皇賞・秋が3歳(2000年までの表記では4歳)馬にも再解放(1937年の第1回は3歳馬も出走可能だった)されて以来、28頭の3歳馬が古馬相手に挑戦してきた。通算成績は[2-2-2-19](左から1着-2着-3着-4着以下)というもので、完成度において、古馬(4歳以上)が有利といわれる。

1着
96年 バブルガムフェロー
02年  シンボリクリスエス
2着
88年  オグリキャップ
95年  ジェニュイン
02年  ダンスインザムード
10年 ペルーサ 
12年  フェノーメノ
3着
06年 アドマイヤムーン
07年  ディープスカイ

 好成績を残してきた3歳馬に共通するのが、春の時点で相応の好成績を残してきているということだろう。具体的には1600メートルの以上のGI勝ち馬か、2000メートル以上のGII勝ち馬で、ペルーサとオグリキャップを除けば、連対馬はみなGIで連対実績がある。実績面では、ジェニュインと同じく、皐月賞を勝ち、ダービー2着のイスラボニータはこれらに引けはとらない。