2014.08.05

【競馬】偉大なるベガの血を受け継ぐ「世界的」注目馬

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara

厳選!2歳馬情報局
第4回:ワールドリースター

 良血の2歳馬たちが続々とデビューする中、異色の血統を持つ、ある一頭の若駒に注目が集まっている。栗東・松田博資厩舎所属のワールドリースター(牡2歳/父アドマイヤドン)だ。

まもなくデビュー戦を迎えるワールドリースター。 ワールドリースターの母は、アメリカ産のワールドリープレジャー。現在、アメリカのGIを8勝しているゲームオンデュード(せん7歳/父オーサムアゲイン)を輩出し、世界的な繁殖牝馬としての地位を築いた。

 特筆すべきは、そんなワールドクラスの馬と配合されたのが、アドマイヤドン(父ティンバーカントリー)だったことだ。

 1993年の桜花賞、オークスを制した二冠牝馬ベガの子である同馬は、現役時代(2001年~2005年)は主にダート路線で活躍。JRA、地方交流レースを合わせてGI通算7勝という輝かしい記録を残した。その血統背景や、競走馬としての実績は申し分なかったが、引退後のアドマイヤドンは種牡馬としてふるわなかった。重賞を勝つような産駒を出すことができず、2011年には競馬後進国の韓国に輸出されてしまったのだ。

 にもかかわらず、世界的な繁殖牝馬との配合が実現したのは、ゲームオンデュードが活躍する前に偶然、ワールドリープレジャーも韓国に輸出されていたからだった。