2014.05.27

【競馬】イスラボニータ、鞍上・蛯名正義が語る「ダービー熱」

  • 新山藍朗●構成 text by Niiyama Airo
  • 村田利之●写真 photo by Murata Toshiyuki

日本ダービー特集(1)
イスラボニータ編

競馬の祭典、日本ダービー(6月1日/東京・芝2400m)がいよいよ開催される。今年は有力馬がひしめき、どの馬にもチャンスはあるが、クラシック一冠目となる皐月賞(4月20日/中山・芝2000m)を制したイスラボニータ(牡3歳)が、頂点にもっとも近い存在にいることは間違いない。そこで、同馬の主戦を務める蛯名正義騎手に、ダービーへ向けての手応えを聞いた。

ライバル馬たちを蹴散らして、皐月賞を快勝したイスラボニータ。――まずは、皐月賞勝利、おめでとうございます。レース前は「混戦」と言われていましたけど、終わってみれば「1強」という感じのレースでした。それぐらいイスラボニータは強かったです。蛯名さんにとっても、会心のレースだったのではないですか。

「何よりも、馬(イスラボニータ)が強かった。それで、その強さをうまいこと引き出せた。中山って、(馬の強さを)出せないで終わることもあるコースだからね。そういう意味では、道中ずっとうまく立ち回れたし、そこは思いどおりにいった。確かに『会心』と言われれば、会心の競馬ができたかな」

――皐月賞は初制覇でしたが、勝った気分はいかがでしたか。

「とりあえず、よかったとは思うけど、皐月賞を勝ったからといって、見えている景色が変わるわけじゃないからね(笑)。そこは、淡々としていますよ。それでもその後、(フェノーメノで)春の天皇賞(5月4日/京都・芝3200m)も勝たせてもらったから、自分にとっていい流れができたかな、とは思う」