2013.06.29

【競馬】ラジオNIKKEI賞、開幕週開催で浮上するのはこの馬だ

ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 夏の訪れを告げる福島競馬が6月29日から開幕します。

 福島競馬場と言えば、小回りコース。開幕週に行なわれる芝レースは、やはり前目で競馬できる馬のほうが有利でしょう。実際、僕が現役だった頃も、パンパンの良馬場で開催されたときは、「前に行かなければ、話にならないな」と思って乗っていました。なので、追い込む競馬のほうが好きだった僕にとっては、ちょっと嫌なコースでしたね。加えて、中舘英二騎手と一緒のレースに出るのは、できることなら避けたいと思っていました。なにしろ彼は、スタートが抜群にうまいんですよ。

NHKマイルC6着からの巻き返しが期待されるシャイニープリンス。
 さて、その福島の開幕週に行なわれる重賞は、3歳馬によるラジオNIKKEI賞(6月30日/福島・芝1800m)です。例年は、梅雨の影響で馬場が荒れ始める3週目に開催されていたのですが、今年は開幕週に行なわれることになりました。そうすると、過去の傾向とはかなり違う結果が出そうですね。

 例えば、これまではトップハンデの馬が凡走していました。これは、力のいる荒れた馬場が影響していたからでしょうが、開幕週のいい馬場なら話は違ってくると思います。

 そして例年、マイル以上の距離で好成績を残している馬が活躍していましたが、今年は馬場がいいためにスピードも必要になると思います。直線に入っても脚色が鈍らないでしょうから、意外と短い距離で実績のある馬が台頭するかもしれません。

 そうした要素を踏まえると、まず注目すべきは、ガイヤースヴェルトとミエノワンダーです。

 ガイヤースヴェルトは、今回と同じ距離の毎日杯(3月23日/阪神・芝1800m)で、のちのダービー馬キズナの2着でした。それで高い評価を受けていますが、レース自体はキズナのひとり舞台とも言える圧勝劇。2着とはいえ、キズナとの力差は相当あって、この馬自身の能力は計りかねるものでした。

 しかし、前走のNHKマイルC(5月5日/東京・芝1600m)は、5着に敗れたものの、レース内容は悪くありませんでした。自らのスピードを生かした競馬で2番手を追走。直線に入って、やや早目の仕掛けだったにもかかわらず、「あわや」という競馬を見せてくれました。

 その走りから察すると、この馬の能力を最大限に生かすには、現状マイルくらいのレースがベターでしょう。今回、距離は1800mですが、コースは平坦小回りの福島。そのうえ、スピードを生かせる開幕週となれば、マイラータイプのこの馬にとっては、絶好の条件だと思います。