2013.07.06

【競馬】七夕賞は、モンテエン。横山典弘騎手の手腕が再び唸る

ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 6月29日から始まった夏の福島競馬。やはり小回りコースとあって、芝・ダートともに、ある程度前方でレースを運んでいた馬が馬券に絡んでいました。しかも、開幕週で絶好の馬場だった芝コースでは、内目を通った馬が好成績をあげました。

 6月30日に行なわれた重賞のラジオNIKKEI賞でも、終始内目を回ってきたケイアイチョウサン(牡3歳)が快勝しました。圧巻だったのは、4コーナーを回る際の位置取りでした。鞍上の横山典弘騎手は、馬群が一気に凝縮すると、一旦最後方まで下げて最内を突いたのです。そして、直線手前で外に膨らむ他馬を尻目に、そのまま内から綺麗に抜け出していきました。

鋭い決め脚を持つモンテエンが七夕賞で一発を狙う
 まさに「あの競馬でなければ勝てない」というレースぶりで、横山典騎手の手綱さばきは、本当にお見事でした。開幕序盤の福島は、そうした一か八かの"博打(ばくち)"のような騎乗ができるかどうかで、レースの明暗を分けることがあります。

 さて、7月7日に開催される重賞は、七夕賞(福島・芝2000m)です。毎年波乱のハンデ戦だけに、ここでもジョッキーの手綱さばきが、勝敗を左右する大きなカギになりそうです。

 そういう意味では、関東リーディングトップを走る内田博幸騎手鞍上のエクスペディション(牡6歳)と、常にリーディング上位のベテラン蛯名正義騎手が騎乗するダコール(牡5歳)の2頭が有力だと思いますが、今年の2歳戦で早くも3勝をあげて好調な、柴田大知騎手が手綱をとるマイネルラクリマ(牡5歳)も、勝ち負けが期待できる一頭と言えるでしょう。