2021.12.16

渋野日向子「足りないものがたくさん見えた」。フル参戦を果たす米ツアーでの可能性

  • 武川玲子●文 text by Takekawa Reiko
  • photo by Kyodo News

 8ラウンドに及ぶ過酷な米女子ツアーの最終予選会(12月2日~5日、12月9日~12日/アラバマ州)を20位で突破した渋野日向子。満面の笑みを浮かべて、手にしたツアーカードを大きく掲げた。

 そこに記されているのは「INSIDE THE ROPES Hinako Shibuno」。ロープの中、つまりコース内でプレーできるツアーメンバーである証明を、晴れて渋野が獲得したことを意味している。

米女子ツアーの最終予選会を20位で突破した渋野日向子米女子ツアーの最終予選会を20位で突破した渋野日向子 この記事に関連する写真を見る 「最終日を迎えるのがすごく怖かった」と、ファイナルラウンドでは一日中厳しい表情を見せていた渋野。ファンの声援にも笑みで応える余裕はなかった。

 というのも、前日に「79」とまさかの大崩れ。2週目の第2ラウンドを終えて7位タイだった順位が29位タイまで急降下していたからだ。メンバー資格は45位タイまで得られるとはいえ、実際には20位以内に入らないと優先順位が低くなり、出場できる試合が限られてしまうゆえ、なおさらだった。

 そうして、自ら追い詰める状況を作ってしまった最後の18ホール、渋野は「本当に泣きそうだった」。それでもその重圧のなか、彼女は「69」をマークして、見事に待望の"20位"という結果をモノにした。この"試練"を突破したことは、これからの渋野にとって、大きな糧となるに違いない。

 さて、実際のところ、20位という順位は来季(2022年)ツアーの出場に際して、どれぐらいの優先順位となるのか。まずは、今季(2021年)ツアーにおけるCMEポイントランキング上位80名が最優先され、以降、いくつかの出場資格があって、最終予選会20位というと、おそらく145番目あたりの位置になる。