2021.10.25

【木村和久連載】ゴルフ会員権購入前は妄想が大事。「エアーメンバーごっこ」のススメ

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

木村和久の「新・お気楽ゴルフ」
連載◆第7回

 緊急事態宣言が解除され、新型コロナウイルスの感染拡大もだいぶ落ち着いてきたので、ゴルフのスケジュールをバンバン入れています。

 それはよろしいのですが、自分は子どもの頃から続いている妄想癖があり、それが最近ゴルフに飛び火してやや困っています。

 子どもの頃は地図と時刻表が好きで、自分の頭の中で"妄想旅"を繰り広げたものです。

 妄想といえども、馬鹿にするなかれ。これは、ものすごくたくさんの人が同様のことをやっていると思います。それが証拠に、現在BS日テレでは『友近・礼二の妄想トレイン』(毎週月曜、21:00~)なる番組がオンエアされていて、多くの人がやっているであろう妄想旅の再現版として、人気を博しているのです。

 具体的にどんな内容かというと、理想の旅を妄想し、そのプランに沿ったものを番組スタッフが撮影。その映像を見ながら、旅した感覚に浸るといったものです。

 そして、この前は兵庫県の"天空の城"竹田城跡の、朝もやを見に行くプランの妄想旅でした。

 これ、実際の旅行だと、朝4時に起きて宿泊先を出発しなければいけません。リアルはそこが難しいところです。また、実際に苦労して行ったはいいけど、朝もやにならず、ただの雨になるリスクさえありますから。

 そういう時、妄想旅の番組なら、現場にいったスタッフやリポーターがオイシイところだけピックアップしてくれるので、精神的にすごくラクです。妄想旅はいつでも最高の旅環境を作ってくれる。ボンボヤージュ!

 そんなわけで、子どもの頃の妄想癖の延長はいまだ続いております。ゴルフの場合は、ゴルフの会員権相場表を見ながら、「もし自分がメンバーになったら、どんな生活を送るかな」と妄想するのが楽しいのです。

 過去に自分はそうした妄想を経て、実際に南総カントリークラブ(千葉県市原市。1992年頃入会。購入価格1450万円)、鶴舞カントリー倶楽部(千葉県市原市。1998年頃入会。購入価格580万円)のメンバーになっていました。

 最初に南総CCの会員となりましたが、経営危機が囁かれたため、同コースを退会。その後、鶴舞CCのメンバーとなりました。どちらも会員権はローンでの購入です。