2021.05.11

西村優菜が涙の快挙。ミレニアム世代の「小さな新星」は帯同の母に感謝

  • 柳川悠二●取材・文 text by Yanagawa Yuji
  • photo by Getty Images

 今年2月のまだ肌寒い日のインタビューで、20歳の西村優菜は昨年から続く2020-2021シーズンの目標として、「複数回優勝と賞金ランキングトップ5以内」を掲げていた。

「最終的には海外メジャー制覇が目標です。その目標に少しでも近づける一年にしたい」

 ツアー通算4勝(うち1勝はアマチュア時代)の古江彩佳とともに、昨年11月の樋口久子 三菱電機レディスでプロ初優勝を遂げている西村は、2000年度に生まれたミレニアム世代を牽引する立場だろう。

 そして、国内メジャー制覇の勲章は、同世代で誰より早く手にした。5月の第2日曜日の母の日に、4日間競技となる公式戦、ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ(茨城・茨城GC)を制し、ツアー2勝目を飾ったのだ。

ミレニアム世代で最初のメジャー制覇を遂げた西村優菜ミレニアム世代で最初のメジャー制覇を遂げた西村優菜 この記事に関連する写真を見る  ツアーに帯同する母・枝里子さんが見守るなか、涙の快挙だった。

「母には、私のゴルフにずっとついてきてもらっていて、自分の好きなこともできていないだろうし、犠牲にしているものもたくさんあるはず。その分、こうやって優勝という最高の結果で恩返しできたのはよかった。本当にありがとうと伝えたいです。

 プロ2年目というこんなに早い段階で、メジャー優勝をできたことはすごくうれしい。(同級生の)古江さんもすっごく技術があって、刺激をもらいながらやってきた。一緒にレベルアップできたらいい」