2021.05.18

30cmのパットが入らない…。大里桃子がイップスの不安を抱えながら戴冠

  • 柳川悠二●取材・文 text by Yanagawa Yuji
  • photo by Getty Images

 悪天候によって36ホール競技となった、ほけんの窓口レディース(福岡県・福岡カンツリー倶楽部)を制したのは、またしても黄金世代のひとり、大里桃子だった。

パッティングが復調し、2度目のツアー優勝を飾った大里桃子パッティングが復調し、2度目のツアー優勝を飾った大里桃子 この記事に関連する写真を見る  2週前のパナソニックオープンレディースでは、上田桃子とのプレーオフに敗れた。先週のワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップでも、西村優菜に競り負けて2位に終わった。

 とりわけ、同じ熊本県出身の上田に"直接対決"で敗れたことが悔しく、「発奮材料になった」と大里は振り返る。

「(敗れた2試合は)最後の詰めが甘かった。3度目の正直ができました(笑)。めっちゃ、うれしい。初めての優勝は勢いだけで勝てた。"奇跡"のイメージ。今回は苦労した分、実力が備わって、勝ち取った優勝だと思う。苦しんだ時期を思い出すと、涙が出て......」

 30cmのパットが入らない――。

 2018年のプロテストに合格し、それから23日後のCAT Ladiesでツアー初優勝(黄金世代としては当時、4人目の優勝だった)を遂げるという華々しい船出を飾った大里だったが、そのシーズンの最終戦となるLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップで、高麗グリーンの対応に苦しみ、わずか30cmのパットを外したことがあった。