2020.11.26

【木村和久連載】たった1本の新クラブ導入でラウンドが楽しくなる

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第282回

 ゴルフがうまくなりたい。楽しくラウンドしたい。有意義なゴルフライフを過ごしたい――と、アマチュアゴルファーの夢は尽きません。もしそれが、安物のクラブ1本で叶えられるとしたら、なんとすばらしいことでしょう。

 先日、超久しぶりに短い距離を打つためのユーティリティー(UT)を新品で買いました。価格は1万円ちょっと。これが、実にしっくりときまして、次の出番はいつかと、ラウンドを心待ちにしています。

 というわけで今回は、新しいギアやグッズを購入し、それを理由にしてゴルフに燃え出す、古典的な"やる気引き出し術"を考察してみたいと思います。まずは、情報収集の話から始めましょうか。

(1)ギア購入のきっかけ
 我々アマチュアゴルファーのニューギア購入のきっかけは、ゴルフ雑誌やテレビの宣伝などを見て、と思われるでしょうが、そこはあくまでも補助的な効果で、本当はもっと違うところにあります。

 一番のきっかけは、友だちがニューギアを使っていた、からです。

 友人が新しいクラブを自慢げに使い出した。そこで、彼の実力を知っているこちらが、腕前以上の効果を目の当たりにする。となれば、こちらとしても、ギア購入への拡大路線を進めたくなる。

 そんな感じで、アマチュアゴルファーのギア購入は、友人が買ったのを見て「これは負けられない」と思って、ということがよくあります。

 要は、隣国との軍備増強競争みたいなもの。隣国がイージス艦を購入したら、こっちはヘリ空母を買うぞといった、まさに冷戦状態ですね。

ニューギアを購入した友だちの腕前が上がったからといって、それに対抗しすぎるのはどうかと思いますが...。illustration by Hattori Motonobuニューギアを購入した友だちの腕前が上がったからといって、それに対抗しすぎるのはどうかと思いますが...。illustration by Hattori Motonobu