2020.11.26

渋野日向子が「絶好調」宣言。世界ランキングについても言及した

  • 柳川悠二●取材・文 text by Yanagawa Yuji
  • photo by Getty Images

 2020年最後の国内トーナメントとなるLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ(11月26日~29日/宮崎・宮崎CC)の開幕を翌日に控え、なんともはつらつ元気な渋野日向子がいた。

「絶好調です! (靴擦れのケガを負っている)足も絶好調です!! やっぱりね、先週の最終日のプレーは元気になりますね。ゴルフのストレスはゴルフでしか解消できないので(笑)」

今年の国内最終戦での爆発が期待される渋野日向子 前週の大王製紙エリエールレディスの最終日、渋野は今季の自己ベストとなる「66」をマークし、今年参戦した国内外のトーナメントの最高位となる5位でフィニッシュした。「パッティングがあれだけ入ってくれたら、(ゴルフが)楽しくなりますね」と振り返った渋野。ずっと苦しんでいたパターが、スタンスを広げたことで入るようになり、上昇気流に乗って、気分よく宮崎に入った。

「靴擦れに関しては、ずっと水ぶくれになっている状態なので、すぐには治らないです。まあ、絆創膏を貼っておけば、なんとかなるやろ、と(笑)。体調面も違和感はないんですけど、試合になったら変わるかもしれない......」

 練習日の火曜日、水曜日にハーフラウンドをこなし、主にグリーン周りのアプローチに力を入れた。

「(ウエッジの)58度で緩んでしまうと、止まってしまう。52度で打つと、緩んでも多少転がってくれる。52度のほうが打ちやすいんじゃないかとずっと練習しています」

 ミスしたとしても最小限のミスにとどめるため、52度を推奨したのは、今週初めてコンビを組む佐藤賢和キャディーだという。石川遼のバッグを担いでいるベテランキャディーの意見に耳を傾け、調整には余念がない。