2020.10.08

【木村和久連載】どういった雰囲気で
ラウンドするのが好きですか?

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第275回

 みなさん、ゴルフをする時はどんな雰囲気でやっていますか?

 あくまでも個人的な見解ですが、私は芸能ゴシップや夜の武勇伝などを語り合って、冗談を言いながらラウンドするのが好きです。

 ですから、"アンクル・パー(=パーおじさん)と戦う"みたいな、寡黙で、崇高な精神を持っている方とは、ラウンドスタイルが違います。もちろんストイックな方とのラウンドとなれば、そのスタイルに合わせますが、さほど楽しくはないです。

 要するに、自分にとってのゴルフは、オヤジの道楽、レジャー扱いなんですね。

 とはいえ、私も最初は、崇高なスポーツとしてゴルフを始めました。それが"大人の遊び"へとたどり着くまでは、紆余曲折がありました。

 そこで今回は、ゴルフに対する自らの魂の変遷を綴りつつ、ラウンドにおける集中力とリックスの関係や、人それぞれ、どういった雰囲気でラウンドするのがいいのか、少し考えてみたいと思います。ラウンドの雰囲気については、状況や場面によって違いがあるので、さまざまなラウンドスタイルに分けて、考察してみましょう。

(1)競技ゴルフ
 クラブ競技は、アマチュアゴルファーの世界では一番シビアなラウンドと言えます。

 私もかつてはクラブに所属し、月例などに何度も参加しました。やはり、その時は無口でプレーしていました。同伴メンバーはたいがい年上なので、ラウンド前にこちらから進んで挨拶にいっていました。

 プレー中は、余計なことは言いません。3ホール目ぐらいにようやく「飛びますねぇ~」とか、おべんちゃらを言う自分がいたりして......。ちょっと情けない気もしましたが、もしサラリーマンで接待ゴルフをやっていたら、こんな感じ? と思いながらラウンドしていましたね。

 競技で打ち解けるのは、昼休みです。そこで、いろいろとお話をさせてもらうと、午後からのラウンドはすごく気持ちが楽になります。ルールやマナーでヘマをしないように心がければ、そこそこ楽しめます。