2020.03.19

【木村和久連載】ピンキリある
プロゴルファーの収入を探ってみた

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu


「プロ」と言っても、誰もが容易に稼げるわけではないんですよね...「プロ」と言っても、誰もが容易に稼げるわけではないんですよね...  現役期間が非常に長いのが、ゴルフの特徴です。しかも、レッスン関連の仕事は結構あります。お金を取って、堂々とレッスンできるのは、ゴルフぐらいですから。

 要するに、長い人生、プロゴルファーはプロの称号によって、その肩書きでいかようにも稼げるのです。

 私の知り合いに美人女子プロゴルファーがいます。その人は一応プロですが、試合にはほとんど出ていません。でも、最近人気が出て、日本中で"営業ゴルフ"をしています。やっぱり、美人は得ですなぁ~。

 たぶん、トーナメントの下のほうにいる選手よりも稼いでいるんじゃないですか。やり方によっては、十分に仕事になるってことですね。

 ゴルフ界は今や、右肩下がりの業界になりました。みなさん、いろいろと工夫して、がんばって生き延びていきましょう!

木村和久(きむら・かずひさ)
1959年6月19日生まれ。宮城県出身。株式をはじめ、恋愛や遊びなど、トレンドを読み解くコラムニストとして活躍。ゴルフ歴も長く、『週刊パーゴルフ』『月刊ゴルフダイジェスト』などの専門誌で連載を持つ。

『教えて! 100切り先生』好評発売中!
詳細はこちら>>

関連記事