2019.11.12

「ゴルフ人生でダントツにいい」鈴木愛。
賞金女王も東京五輪も見えた

  • 柳川悠二●取材・文 text by Yanagawa Yuji
  • photo by Getty Images

 日本開催の米ツアー、TOTOジャパンクラシック(滋賀県・瀬田GC)は、前週の樋口久子 三菱電機レディスに続いて、初日から首位の座を譲らなかった鈴木愛が2週連続で完全優勝を遂げた。記者会見場で、彼女は困惑の表情を浮かべた。

「夢だったので、行きたい気持ちはあるけれど……」

 今回の優勝によって、鈴木は米ツアーの出場資格を得た。しかし、その申請の締め切り(11月18日)まで、わずか1週間あまり。ゴルフ人生の大きな決断を下すには、さすがに時間が足りないのだ。

「英語を喋れないのと……食事もアジア系の料理は食べられるんですけど、それ以外はあまり得意じゃなくて。私、潔癖だから、飛行機に乗るのも、レンタカーに乗るのも嫌で(苦笑)、移動が大変なのも……。(ツアーメンバーとしてアメリカで)戦いたいという気持ちは70%ぐらいだけど、(移動や食生活など)トータルで考えれば20%ぐらいかな」

TOTOジャパンクラシックで2週連続の完全優勝を決めた鈴木愛 2013年にプロテストに合格し、2014年にツアー本格参戦を果たした鈴木は、その年に国内メジャーの日本女子プロ選手権を制して、ツアー初優勝を飾った。その後も順調に勝ち星を重ねて、2017年には賞金女王に輝いた。そして今季は、左手首の痛みのために9月下旬から4試合休んで、出場試合は22戦と少ないながら、自身最高の年間6勝を挙げている。

「(今季は)およそ1カ月半の間、身体的にも、メンタル的にも休めたのが大きかった。ゼロから臨むことができましたから。ここ2、3週間に限れば、(私の)ゴルフ人生でダントツに状態がいいと思います」

 TOTOジャパンクラシックでは、3日間で叩いたボギーは初日のひとつのみ。ピンチらしいピンチはなく、得意のパッティングに加え、ショットが見事にピンに絡み、長い距離が残ったパーパットなど、皆無に近かった。

 それでも、最終日の前夜は不安感に襲われたという。

「日本で開催されているとはいえ、米ツアーですし、優勝争いとなって、普通にプレーできるのか、という不安がありました。でも、コースに入ると意外と落ち着いていた」