2019.04.11

マスターズが開幕。松山英樹は
「不安ばかり」でも、逆に期待が膨らむ

  • 三田村昌鳳●取材・文 text by Mitamura Shoho
  • photo by Getty Images

 松山英樹にとって、マスターズ(4月11日~14日/ジョージア州)挑戦は今年で8回目(アマ2回を含む)となる。

 過去に、日本人選手初のローアマチュアを獲得。プロに転向してからも、5位(2015年)、7位(2016年)という実績を持っている。

 そして、”今年こそは”という大いなる期待感を抱かせる松山は、練習日から「不安しかない」と言葉少なげに語っている。

あまり気負うことなく、練習ラウンドをこなしていた松山英樹 その不安材料の大きな要因は、前週のオープンウィークに風邪をひいてしまったことだった。

 松山が、舞台となるオーガスタ入りしたのが、4月5日(金)。その日は、大学の後輩で、過去の松山と同じくアジアアマに優勝して出場権を得たアマチュアの金谷拓実(東北福祉大)と、一緒に9ホールをプレーした。

 その際も、「ともかく、風邪をひいてずっと寝ていたので、何もしていないです」と語り、精緻なショットを要求されるオーガスタにおいて、その攻略の第一条件となるピンポイントで打っていくことに、不安いっぱいという表情を見せた。