2019.04.10

「よかった時の自分は忘れる」
堀琴音、完全復活へゼロからのスタート

  • 金明昱●取材・文 text by Kim Myung-Wook
  • photo by Getty Images

「今年は、すごくいい年にしようと思っています。シーズンが終わったときに、『いい1年だった』と思えるように」

 今季ステップ・アップ・ツアーの開幕戦、rashink×RE SYU RYU/RKBレディース(福岡県)で出会った堀琴音(23歳)は、そう言って笑顔を見せた。だが、その姿からは「今年が勝負の1年になる」という悲壮な覚悟も見え隠れしていた。

シード復活へ、巻き返しを誓う堀琴音 昨季、堀にとっては試練の日々が続いた。レギュラーツアー34試合に出場して、予選通過はわずか5回。つまり、2度の棄権を除いて、27試合も予選落ちの屈辱を味わったわけだ。

 その結果、賞金ランキングは114位。2015年に19歳で初シードを獲得し、以降3年間保持してきたシードを失った。さらに、ファイナルQTでも82位という結果に終わって、今季ツアーの出場権を逃してしまった。

 不振に陥った原因は、スイングの微妙なズレがあったまま、シーズンを迎えてしまったこと。試合が続くなかで修正作業を続けてきたが、かつての自分のゴルフを取り戻すことは容易ではなかった。

 そして今季も、ここまで主催者推薦で開幕戦のダイキンオーキッドレディス、2戦目のヨコハマタイヤ PRGRレディスカップ、3戦目のTポイント×ENEOSに出場したが、いずれも予選落ち。結果だけ見れば、昨年からの不振を引きずっているように見える。