2018.11.29

【木村和久連載】自らが主催の
ゴルフコンペを開いてこそ、一人前の男

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第181回

 アマチュアゴルファーの夢と言えば、”ホールインワン”“エージシュート”“クラブチャンピオン”の3つで、私はこれらを総称して「三大ドリーム」と勝手に言っています。

 ただ、まさしく”ドリーム”というだけあって、奇跡的には誰にでも起こり得るホールインワンを含めて、現実的にはすべて、普通のアマチュアゴルファーが実現するのは、ほぼ不可能なものばっかりです。

 そこで、グ~ンと敷居を下げて、普通のアマチュアゴルファーでも実現できそうな夢を提示したいと思います。

 それは、”自分でゴルフコンペを主催する”ことです。

 これは簡単にできそうで、なかなかできないというか、案外面倒くさいんですよ。

 芸能人や、どこぞの社長さんみたいに、マネジャーさんや秘書さんなんかが細かいことまですべてやってくれれば、そりゃ楽ですよ。あとは、主催者づらし、挨拶だけでして、ラウンドすればいいんですから。

 もちろん、それが理想ですが、一般的な民間人のコンペではそんなことはできません。まず、下準備が大変です。

 実は、私も年に1回、友人3人で共同コンペを開催しています。自分の役割は5分の1、いや10分の1ぐらいに減らしてもらい、なんとか主催者に名を連ねております。

 いい大人が誕生会を開くのも、気恥ずかしいものです。そう考えると、自分が会を催して、自らの関係者をおもてなしするのは、結婚式以外ではゴルフのコンペぐらいしかないのです。

 40歳の記念に誰かとコンペを開く――そういうことがあってもいいと思います。

 それでは、具体的にコンペ開催の手順を述べていきますので、参考にしてみてください。